全国一律送料無料  |  全品カスタマイズOK

革の検品・面付け

届いた革はまず、全て検品してから作業を開始します。


細かい傷や血筋などは天然素材ならではの特徴であり、良質な皮革製品を使うことの特徴ですので、なるべくそのまま使用しています。
それ以外の大きな傷や目立つ箇所はあらかじめ丸印をつけておき、製品に含まれないように、この時点でマーキングをしていきます。




次に面付け。
革を切り出す前に、型紙を使い面付けを行います。
できるだけ革に無駄が出ないよう、ギリギリまで詰めながら印をつけていきます。

これらの工程は、工場生産などでは機械で型抜きされます。
機械ならば一瞬で完了するこの作業を、目視と手作業で一枚一枚行うことは時間もコストもかかります。

ですがこの工程を手で行うことで、革を大切にする気持ち、出来上がりのイメージ、そして大切に使ってほしいという、気持ちの部分で全然違うものになるのです。


このような工程を経て温かみのある製品ができあがることを、少しでも多くの方に知っていただけましたら幸いです。